シブ大_映画音声解説ゼミ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼミ開催にいたるまで

私は映画に音声解説をつけて視覚障害者と一緒に映画を観る
という活動を通して視覚障害のある人と自然と友達になりました。

自然と目の不自由な人がどういうことに不便を感じ、どういうことは自力ででき、どういうお手伝いが必要なのかを学びました。
そして、どうして私は単に目が見えないという個性のこの人と
友達になる機会が今までなかったのだろうと考えるに至りました。 この体験のエッセンスを、日常生活のあらゆるシーンで、五感を意識した遊びを創りだして応用すれば、私のように遊んでいるうちに障害のある人と普通に友達になれた、という体験をたくさん生み出せるのではないかと思っています。 また、映画に音声解説を付けて一緒に観るという活動は、決して見える人から見えない人への一方的なサービスではなくて、見える側も映画を違う視点から捉え直すのでめちゃくちゃおもしろい作業をやれるのです。 つまり、いつもと違う五感を使うことで新しい遊びが生まれるのです。

第2章はそうやって遊ぶことが第一の目的です。 大人になっても遊びは大切。どんなことでもコミュニケーションツールにして遊びを創りだし、新しい発見や障害の有無の壁なんかを取り外せたらいいな~
スポンサーサイト

ゼミ内容について

2009年6月からスタートした「映画音声解説ゼミ 第2章」は2本柱を立てて進めています。

1つ目の柱:五感を意識して遊ぶ
アイマスクをして吟行したり、ビールテイスティングしたり、お買い物したり、お料理したりしてきました。
視覚に障害のある人、ない人も一緒にアイマスクです。見えない、見えにくい状態の人をねいろ組、晴眼の状態の人を虹組さんと呼び分けています。

2つ目の柱:映画の音声解説勉強会
このゼミの根幹をなす「映画の音声解説」。作り方の過程を学んだり、音声解説原稿を皆で検討したりしています。
その他にも実践編と称して、実際に映画館で音声解説付きの映画を鑑賞したりフレキシブルに遊んでいます。

※2期は2010年9月25日に無事にゴールを迎え終了しました。
twitter
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。