シブ大_映画音声解説ゼミ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人生、ここにあり!」皆で観に行きませんか?

虹とねいろプロジェクト
映画『人生、ここにあり!』団体鑑賞会のお誘い
※この内容は転送歓迎です!


日が迫っているのですが、「人生、ここにあり!」のバリアフリー上映の回に団体鑑賞を組みますので、
駅から映画館までの誘導さえあれば、観に行きたい!という方、
駅から映画館まで、ねいろ(視覚障害の方)さんの誘導をお手伝いしながら
映画も観たいという方、一緒に観に行きましょう!

実はこの作品の吹き替えには、シティライツという私が所属しているボランティア団体で
仲良くしているうきちゃんとしろさんが声優として参加しているんです!
目が不自由なお2人にタイミングを教えるために肩を叩く役をしたのは、わたしです(自慢)。

開催日には、ナレーションを担当したトーキョーナンバーワンソウルセットのボーカル、
ビッケさんのトークショーと
来場者特典として何かお土産ももらえるようです!


作品:人生、ここにあり!
劇場: シネスイッチ銀座
日程: 7月23日(土)
上映時間:11:10~(111分)
集合: JR有楽町駅中央改札口/10時30分には全員が揃って出発したいです
※地下鉄・銀座駅(丸ノ内線は除く)が都合のいい方はお申し出ください。

持ち物: FMラジオ(当日限定数ですが貸出もございます)
鑑賞料:1000円(晴眼者も一律)
ガイド方式:音声ガイドはFMラジオでお聞きいただけます。晴眼者もラジオをお持ちでしたら試してください。
      映画の音声はイタリア語、イヤホンから日本語セリフと音声ガイドが聴こえてきます。
      慣れない人ははじめ少し戸惑うかもしれませんがご了承ください。
FM周波数:88.5MHz
※鑑賞後の食事会などは今回はありません。


鑑賞作品:『人生、ここにあり!』
http://jinsei-koko.com/(シンプルページは一番下の真ん中あたりにリンクがあります)

(紹介)これは、イタリアで始まった本当の“しあわせ革命”―
舞台は1983年のイタリア。型破りな活動で労働組合を追い出された熱血男・ネッロが行き着いた先は、
精神病院が閉鎖されて一般社会に出された元患者たちの協同組合だった。全くオカド違いの組合の
運営を任されたネッロは、精神病の知識などゼロにも関わらず、持ち前の熱血ぶりを発揮。
個性が強すぎて社会に馴染めない元患者たちに、“シゴトでオカネを稼ぐ”ことを持ちかける。
すぐに手が出るキレやすい男、彼氏が100人いるという妄想癖の女、話すことが全て嘘の虚言癖の男などなど・・・
そんな一筋縄ではいかない面々とネッロは、ドタバタなトラブルを引き起こしながらも、無謀ともいえる事業に突っ走っていくが―。
イタリアで広がった夢のような挑戦-精神病院の廃止
そこで生まれた知られざる実話に、イタリア全土が笑って泣いた!


【申込締切】
7月20日(水曜日)24時
※参加を予定している方は、速やかなお申し込みにご協力お願いいたします!
※集合場所以外の待ち合わせは対応することができません。ご了承ください。

【申込方法】
以下の内容に従って、メールでお申し込みください。

件名に『じんここ』申し込みと書いて
宛先は虹とねいろプロジェクトアドレスまで
nijitone@yahoo.co.jp

▼本文に以下1~6の項目を明記してください。
1:お名前
2:参加人数(複数人数で参加の方は、視覚障害者と晴眼者の内訳)
3:ラジオ貸し出し希望(個数も書いて下さい)
4:誘導の要・不要(晴眼者は晴眼者と記入)
5:当日連絡が取れる電話番号
※今回は日程が迫っているためお茶会の設定ができませんでした。すみません。

【お知らせ】
参加申込をされた方へは、受付確認メールを差し上げます。
7月20日になっても、何も連絡がない場合、
見落としがあるかもしれないため、以下までご連絡ください。
tahkoisblu@gmail.com(松田)までメールをください。
スポンサーサイト
twitter
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。