シブ大_映画音声解説ゼミ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「だいじょうぶ3組」バリアフリー上映情報

ゼミ代表の松田です。

シブヤ大学との縁も深い「五体不満足」の著者、乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)さんの
ベストセラー小説を映画化した「だいじょうぶ3組」のバリアフリー上映のご案内です。
松田が音声ガイド台本を書きました。

日本語字幕、音声ガイド付きの上映が新宿、さいたま、名古屋、大阪、仙台で行われます。
日程が決まりましたので、以下にお知らせします。
上映時間は新宿ピカデリーのみ出ています。
その他の劇場へは直接お問い合わせください。

乙武さんご本人がTOKIOの国分太一(こくぶん・たいち)さんと共演。
ごくごく自然に役者をやっていて、本当に乙武さんは何でもできちゃう人なんだな~、と感心しました。

音声ガイドの収録の時に、スタジオのエンジニアさんに
「普段、仕事の作品を観て泣くというようなことないのだけど、この作品は危なかった」と言わしめた
お涙ちょうだいではない涙というんですかね、ぐっとくる作品です。

手と足のない自分の体を「この体はヘンなのかな?」と生徒たちに問いかけたり、
悩んでいる生徒に「自分も今は答えがわからないけど、きっと大丈夫だから」
と真剣に向き合う姿が印象的でした。
作品全体的に、子供たちのリアルな空気感が伝わるのですが、
もっともそれが顕著なのが、初めて生徒たちと対面するシーン。
そのシーンは実際に初めて子供たちと対面した瞬間だそうです。


以下、日程と作品紹介です。

3月31日(日)
名古屋ピカデリー
tel.052-551-5463
fax.052-551-5462

4月2日(火)
新宿ピカデリー
11時25分の回
tel.03-5367-1294
fax.03-5367-1295

4月6日(土)
MOVIXさいたま
tel.048-600-6300
fax.048-600-6305

4月6日(土)
TOHOシネマズ 梅田
tel.06-6316-1318
fax.06-6316-1359

4月7日(日)
MOVIX 仙台
tel.022-304-3703
fax.022-304-3705


「だいじょうぶ3組」紹介

「五体不満足」の著者、乙武洋匡の同名のベストセラー小説を映画化。
3年間の教員生活をもとに描かれ、本人が主演も果たした注目作。

新学期の始業式。5年3組の担任としてやってきたのは、手と足のない教師、赤尾慎之介(乙武洋匡/おとたけ・ひろただ)だった。
赤尾は生まれつき手足のない先天性四肢切断の障がいを持ち、教員採用試験の実技で不合格となったが、
教育委員会で働く白石優作(国分太一/こくぶん・たいち)の尽力で赤尾を1年間の期限付きで臨時教員に採用されたのだ。
そんな白石も補助教員として再び教壇に立つが、車いす姿の赤尾に子どもたちは茫然として声も出ない。
白石が緊張の面持ちで見守る中、赤尾は「見てのとおり、先生には手と足がありません。
だから先生が困っているなと感じた時には、ぜひお手伝いして下さい」と挨拶。
「普通と違う」先生に、どう反応していいのか、どう接していいのか分からない子供たち。
さらに3組の子どもたちは思春期にさしかかり、いじめや家庭の問題など様々な悩みを抱えていた。
白石と赤尾は力を合わせ、失敗や反省を繰り返し、時に同僚や先輩教師と衝突しながらも、子どもたちと向き合っていく。「だいじょうぶ」と励ましながら、個性豊かな28人の子どもたちと共に泣いたり、笑ったりの1年間が始まった……。

※ 今回、下記の日程・劇場にて、視覚障がい者・聴覚障がい者のお客様もご鑑賞いただけるバリアフリー上映を実施致します。
  音声ガイド付きで日本語字幕版を上映する形式となります。
※ 音声ガイドは、上映と同時進行でFM送信致します。
※ イヤホン付きFMラジオをご持参いただきますと、どなたでも音声ガイドをお聴きいただけます。
※ イヤホン付きFMラジオの貸し出しを劇場にて実施致しますが、数に限りがございますので予めご了承ください。
※ 下記の日程・劇場は変更になる場合があります。
   上映開始時間・上映回数の詳細など、お出かけの際は念のため各劇場までお問い合わせください。

http://daijyobu-3.com/公式ページ
スポンサーサイト
twitter
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。