シブ大_映画音声解説ゼミ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼミ生制作の音声解説付き上映のお知らせ

ゼミ代表の松田です。
私が所属しているボランティア団体シティライツが主催するシティライツ映画祭で
上映される作品「100人の子供たちが列車を待っている」にゼミメンバーで音声解説の原稿を書きました。
映画祭は6月4日です。両国の江戸東京博物館で開催します。

http://www.ne.jp/asahi/city/lights/eigasai/2011.html




『100人の子供たちが列車を待っている』
(1988年/チリ/ドキュメンタリー/カラー/58分)
 監督:イグナシオ・アグエロ 

 映画好きなら押さえておかなければ!という作品です。また、映画の成り立ちを子供達と一緒に学べるので、
これを機会に映画に興味を持ってもらえる作品でもあります。
86年のチリ・サンティアゴ。小さな時から親と共に重労働したり、お金を稼いだりしている低所得者層の子供たちのほとんどは、映画を観に行ったことがない。そんな子供たちのために、映画教室を開いている女性教師アリシア・ベガと、チャップリンやディズニーの映画に親しんでゆく子供たちの姿を、感動的に映し出したドキュメンタリー。

他の2作品も見逃している人はこの機会にぜひ!という作品ですので要チェックです。
毎年、来場者のほぼ半数が視覚障害者で、スタッフ側にも沢山の視覚障害者が関わっている
一緒に楽しむを実現している場です。
チケットの購入は、以下のURLからか、
http://www.ne.jp/asahi/city/lights/eigasai/2011.html#ticket

tahkoisblu@gmail.com(松田)
まで直接お申込みください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

twitter
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。